2月研修の様子


 

 2月3日に行われた本会研修の様子を、会員議員がレポートしてくれましたのでお届けします。



橋本ゆき・渋谷区議

 先日、若手市議会議員の会の研修会があり、  今井 悠介 さん(公益社団法人 チャンス・フォー・チルドレン代表理事) による、 2018年度から渋谷区も取り入れているスタディクーポンについてお話を聞いてきましたん!  まず、伝えたいのは、 貧困の連鎖を断ち切るためには 教育の問題に切り込むことが不可欠! ということ。  そして学校外活動は  教育格差がもろに出る部分です。  画一的な公教育ではカバーできない多様な子どもたちのそれぞれの事情に対応するため、  福祉と教育を繋げつつ、  学校外教育をフル活用していく!  それがスタディクーポンの取り組みです。 詳細は過去記事参照 https://ameblo.jp/sakuraayukii/entry-12572475546.html  2020年度の東京都予算案によると  

 都内の自治体は100%都の補助によってスタディクーポン事業を行えるようになる とのことなので、ますます広がりそうな取り組みですね。 私自身、

「子どもの時の勉強が自分の可能性を広げた」

と痛感しているので、 沢山の子どもの意欲を耕していける社会を作っていきたいな!



高橋元気・中央区議


 「東京若手市議会議員の会」主催の勉強会に参加させて頂きました。


 前半は「スタディクーポン事業」について。経済的事情により貧困世帯とされる家庭の教育格差を解消すべく、特に格差が顕著な学校外活動、つまりは学習塾やスポーツクラブ、文化活動など提携する団体の講習料等に使えるクーポンを発行する民間事業です。


 現金給付ではなく、子供達自身がやりたい事を選択して使用できる点が素晴らしいです。また、学生ボランティアが使い方のアドバイス、進路指導まで関わってくれます。


 ただ原資が寄付で賄われているため全てのニーズに応えられるものではなく、自治体によるサポートが必須です。


 私も今後中央区にて取り上げていきますが、このように各議員が所属議会に持ち帰り、社会を動かせるというのは本会の素晴らしい点であると思います。

 

 後半は動画配信の授業として、編集アプリの紹介や使い方を教えて頂きました!!

若手政治家こそ動画を活用した情報公開により、少しでも政治を分かりやすく伝えていくべきだと思います。


 今回も素晴らしい勉強会の開催をありがとうございました!!

43回の閲覧