【特別インタビュー】第15回マニフェスト大賞「優秀賞」の優秀コミュニケーション戦略賞を受賞した本目さよ議員に1期生新人議員の夏目亜季と臼井愛子から取材してみた!

最終更新: 2020年11月27日

当会所属の本目さよ・台東区議会議員が、 この度第15回マニフェスト大賞「優秀賞」の優秀コミュニケーション戦略賞を受賞されました!!! http://www.local-manifesto.jp/manifestoaward/docs/2020100500017/ おめでとうございます!! 是非その受賞直後のお話を伺いたく、1期生新人議員の夏目亜季・荒川区議会議員うすい愛子・北区議会議員がインタビューを行い、記事としてまとめましたのでご報告いたします。



第15回マニフェスト大賞「優秀賞」の優秀コミュニケーション戦略賞を受賞した本目さよ議員に1期生新人議員の夏目亜季と臼井愛子から取材してみた! (夏目)まず受賞した感想を教えてください!

(本目)驚きました。今まであった既存の学生インターンという仕組みをママに変えてみたのですが、これが新しい政治参画の方法の一つになれば嬉しいです。


(臼井)どのようにして思いつきましたか?

(本目)もともと子育て世帯の代弁者として活動をしていたものの・・・

「これママ的にはどう思う?」というのを区内のママに気軽に聞ける仕組みが欲しかったんです。いわば政策サポーターのような全世界にオープンにならない形で。


さらに学生インターンはもともと年に2回2ヶ月ずつ来てもらっていました。

実際にママとして今現在活動している中で、 育休中のママ向けの勉強会やプロボノなどがあるのは知っていたので、政治の世界でも同じようなことが出来ないかなと思っていました。


どういうママを対象にどんな形でやろうか?など色々と検討事項はありました。 初めは有償にするのか無償にするのかも決まっていなかったのですが、実際に応募してきてくれたママ達と面談をしていく内に方向性が固まって基本は無償で行こうとなりました。 今も走りながら改善しているような状態です。


(夏目)現在力を入れている政策はなんですか?

(本目)子どもにやさしい政策女性にやさしい政策ICTなどを活用し開かれた区政にすることの3本柱です!ママ向けのインターンにしたのは女性と子ども両方に関わりがあるためです。


(臼井)最後に今後の展望を教えてください!

(本目)今後についてはママインターン取り組みをぜひ全国に広めていきたいと思うので、もし自分の事務所でも行ってみたいという方是非ご連絡を下さい。 今まで1年弱実施してみた ノウハウなどをお伝えしながら、一緒に困難にぶつかった時に助け合えるような場を作っていきたいなと思っています。 また自分の自治体ではないママでも受け入れてもいいよという方がいればそういった方にご紹介をすることができる仕組みが作れるかどうかなども今後考えていきたいなと思っています。 まずはご連絡お待ちしています。

【ママインターンチャレンジしてみたい人向け連絡フォーム】 https://forms.gle/stk4MV3gy2WdxEMJ9

また、夏目亜季・荒川区議会議員が当インタビュー内容のフライヤーを作成されております!もしよろしければ是非ダウンロードの上お読みください!! ▶pdfファイル



72回の閲覧0件のコメント